猫アレルギー完全対策マニュアル

猫アレルギーは、猫の体毛やフケを原因としてアレルギー症状が引き起こされるものです。引き起こされる症状としてはくしゃみや鼻水、鼻水が代表的なものですが、程度が酷くなると喉や皮膚に症状が出てくる場合もありますし、胸を締め付けるような息苦しさを感じる場合もあります。猫アレルギーは、猫と一緒に生活している人にとっては重大な問題ですが、それは飼育される猫にとっても同様です。飼育してみたら実は自分や家族が猫アレルギーだった、だからこれ以上は飼育できないと言う飼育放棄も現実にはあるためです。ですから猫と一緒に生活しようと言う方は、まずは自分や家族にアレルギーはないかどうか、あったとすればどの程度の症状なのかを病院で調べてもらうことは大切なことです。しかし猫アレルギーの人でも、工夫次第では猫と一緒に生活を楽しむことは決して不可能なことではありません。その対策マニュアルとして、まずは猫に触れた際は手を洗う、その後は服も着替える、また猫に触れる際はマスクを着用すると言ったことが挙げられます。これにより、原因である猫の体毛などが体内に侵入するのを防ぐことができます。また猫を清潔に保っておくのも必要なことです。そのためには猫にこまめにブラッシングを施す、週に最低1度はシャンプーで体を洗うことが求められます。これによって体毛が無駄に落ちて空気中に舞うことが防げますし、フケを落とすこともできます。また外と中とを自由に行き来している猫の場合、花粉などの、別のアレルギー原因物質を毛に付着させて外から中に持ち帰っている可能性もありますから、特に注意が必要です。ちなみに体毛の関係で、犬のようにペット用の服を着用させればと思う方もいるかもしれません。しかしこれは、猫にとってはストレスになるようです。そして体毛やフケがたまらないよう、カーペットや布団、カーテンなどを清潔に保つのも対策としては有効です。