蜂毒アレルギーと舌下免疫療法

アレルギーでは、体の免疫機能が過剰の作用することで様々な症状が出てきます。鼻炎やくしゃみ、喘鳴や喘息、皮膚の痒み、また下痢や吐き気などがその症状の一例に挙げることができます。そしてこれ以外にもアナフィラキシーと呼ばれる症状があり、これは皮膚、呼吸器や消化器、循環器などの全身の臓器に、同時多発的に不調が発生する症状です。そのため他の症状とは異なり、処置が異なると命が危険に及ぶ可能性もあります。ただしアナフィラキシーが高い確率で出るアレルギーと言うのは、ある程度、限定されています。それが食物、薬剤、そして蜂毒のアレルギーです。これは、原因物質を直接、体内に取り入れるためだと言われています。この中でも蜂毒は、毎年、少なくない人がそれを原因としたアナフィラキシーによって命を落としています。スズメバチやミツバチと言った毒蜂に刺された後、およそ20%の人がその毒に対する抗体を獲得すると言われています。そしてその後、再び蜂に刺された際に、蜂毒と抗体が結合してしまうことでアナフィラキシーが発症すると言う具合です。ただし初めて蜂に刺された人でも、要注意が必要だとされています。また2度目は大丈夫だったけれど、3度目に刺された際にアナフィラキシーが出てきたと言う人もいます。こうしたアレルギーに対しては様々な治療法が実施されていますが、最近、注目を集めているのが舌下免疫療法と呼ばれるものです。これは希釈したアレルゲンを舌下に投与して免疫に寛容持たせることで、アレルギーの根本からの解決を目的とした治療法のひとつです。花粉症に対しての適用が一般的でしたが、蜂毒アレルギーに対しても適用可能だと言うことも明らかになっています。ただし故意にアレルゲンを摂取することから、体への負担はある程度、かかってしまいます。ですから実施においては、医師の判断、指示が必要不可欠です。